院長コラム

及川PTのオリンピック水泳チーム帯同報告

オリンピック帯同報告

当院の理学療法士の及川広太が東京オリンピック水泳チームに帯同参加してきました。
テレビで観戦するのとはまた違った経験だと思いますので報告させていただきます。


理学療法士/アスレチックトレーナーの及川です。
先日、東京オリンピックのメディカルスタッフとしてサポートに行ってきました。
新型コロナウイルス感染症の影響もあり、僕自身も感染対策をできる限り行い会場に入りました。
試合会場には、多くの海外選手が集結しており、普段見ることのできない光景と少し緊張がありました。
試合が始まると会場の空気もさらに一変し、いよいよ始まるぞという経験したことのない雰囲気に圧倒されました!
世界トップレベルの選手を間近で応援したりサポートする機会はなかなかできないので自分自身の世界観も大きく変わりました。
これらの経験を日々の業務に活かし、より良い治療を提供できたらと思っております。
コロナ禍ではありますが、許可してくださった院長はじめ、スタッフこのような機会を与えてくださった関係者の皆様に感謝申し上げます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。